高野雅絵

たかの・まさえ

(ヴォーカル)

 

札幌市出身。

 

大阪大学在学中よりソウル・ミュージックを中心に音楽活動を始める。京都・大阪・神戸といった京阪神エリアで研鑽を積む。

大学卒業後にジャズ・ヴォーカルへ転向。米木康志(b)、大口純一郎(p)、大石学(p)、田中朋子(p)、瀬尾高志(b)ら各氏と共演。

 

2013年、ミニアルバム『BRIDGES』をリリース。

2014年および2018年、Hans Koch(cl)、Michael Thieke(cl)、Paed Conca(cl, 作曲)からなる“PORTA CHIUSA”のジャパン・ツアーに参加 (札幌および函館公演)。

2018年、『ジャズ批評』誌206号において、ミュージシャンを紹介する連載「北都市の猫たち」で一頁にわたって詳報される。

2018年、アルバム『Sky and Sea』をリリース。

 

ジャズのスタンダードナンバーとともに、日本語の豊かな色合いを大切にした数多くの楽曲をレパートリーにもつ。

また、あたたかな中低域の音色をもつ声質が印象的で、そのヴォイスに人気が集まっている。

現在は、道内外のミュージシャンと精力的に演奏活動を続け、時代やジャンルを超えて様々な“心に響く”楽曲と真摯に向き合っている。

 

公式サイト

https://www.masaetakano.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/takanomasaevocal

Discography

高野雅絵 アルバム『Sky and Sea』

 

01. Both Sides Now

02. Dindi

03. Come Together

04. 塀の上で

05. When the World Turns Blue

06. Smile

07. Waltz for Debby

08. 死んだ男の残したものは

09. Sky and Sea(Blue in Green)

10. ひこうき雲

 

高野雅絵(vo)、本山禎朗(p)

 

MEG-7002(2018年10月7日リリース)

高野雅絵 ミニアルバム『BRIDGES』

 

01. Girl Talk

02. So Many Stars

03. Afro Blue

04. I Didn’t Know What Time It Was

05. A Song For You

 

高野雅絵(vo)、本山禎朗(p)、北垣響(b)

 

MEG-7001(2013年6月15日リリース)