ライブスポット一覧

CAPRICE

地下鉄南北線・すすきの駅から徒歩3分。 ビルの最上階でキラキラな夜景も堪能できる、ライブバーとメイドカフェを合体させた新感覚のミュージックカフェだ。 「昭和へタイムスリップ」をコンセプトに週末には、ハウスバンドが70~90年代のJ-POPを演奏する。 実は、メイド服のみなさんがヴォーカリストなのだ。 ピンクを基調にした可愛い内装は、地元で活躍する女性シンガー、アイドルにも人気で、彼女たちのライブも…

E-Dear

2022年4月に山梨から移住してきたドラマー、ハンさんのお店。 地下鉄東西線・琴似駅から徒歩1分という好立地。 土日は、Jazz を中心とするライブや、楽器を持ち寄ってのジャム・セッションを楽しむことができる。 平日は、ひっそり隠れ家的にお酒を楽しめるBar営業。 通常のチャージ料は800円。 客席は15席(予備席は5人ぶん)。 ボーカルセッション、ボサノバセッション、アーティスト限定などなど企画…

RELAXIN’

2021年1月末で閉店したFiestaの後継となる、トランペッター小西出さんのお店。 地下鉄南北線・北24条駅直結という好立地。 レンガをあしらった内装で、お店は落ち着いた雰囲気にあふれている。 じっくりと音楽にひたれる客席は30席。 正式なオープンは3月からとなる。 なお、RELAXIN’で演奏してみたいというミュージシャンを随時募集しているので、お問い合わせは店舗まで!

after dark

居心地の良い25席ほどのカフェバーは、連夜のようにライブが行なわれている。 マスターの広い音楽人脈でジャンルは多彩。 ジャズやJ-POPの他に、クラシックの室内楽コンサートも好評だ。 道外から訪れるミュージシャンのライブにも注目したい。

バル ハルヤ

2016年に白石区本郷通商店街から移転。 フランスパンが付く通常のテーブルチャージは300円。 自慢のスペイン料理とともに、ウィスキーをはじめとする洋酒の品ぞろえに圧倒される。 ジャズの愛好家が多く集うお店だが、毎年恒例となった「ハルヤフェス」では様々なジャンルのミュージシャンが多数登場。食品や雑貨の販売など、ステージ以外にも工夫を凝らしたフェスとなっている。

BETTY

札幌の狸小路6丁目にあるラム酒と料理と音楽のお店。 本場のカリブ料理、すごい品揃えの輸入ラム酒とともに、美味しいモヒートがお奨め。 ラテン音楽に力を入れていて、いつもはサルサ、ジャズ、ブルース等が店内に流れている。LPコレクションも膨大だ。

BLOCO

札幌ススキノのライブ・バー。 ソウル、ファンク、ロックを中心にイベント開催中。 店主でベーシストの小林ノリキを中心としたBLOCOバンドで来札アーティストのサポートも多数。 イベントがない日は、チョッパーベース弾き語り「NORIKI BASS SHOW TIME」を楽しめる。 2022年6月3日、南3条西3丁目に移転オープン。   座席数:25席

Cats & Dogs

2004年、ススキノにオープンしたピアノ&ライブバー「キャッツ・アンド・ドッグス」。 カウンターが8席、テーブルが20席という瀟洒な造りのお店だ。 贅沢な気分で音楽を楽しみたい夜にはぴったりの雰囲気。 ピアノ好き&ジャズ好きのママが、道内外で活躍するミュージシャンを招き、ほぼ毎日のように生演奏を楽しむことが出来る。 おつまみが出るテーブルチャージ料は1,500円。それを含んだ2時間フリードリンク・…

くう

くう COO 札幌くうは、プロから地元ミュージシャンまでジャズを中心に、多彩なジャンルの音楽ライブが開催されるライブスポット。ライブの他にも音楽スクールの発表会、会社説明会、ファッションショー、結婚パーティなどの多目的スペースとしても利用されている。 広さは約25坪で、暖色系の壁に赤いイスが洗練された印象だ。イベント内容に応じてテーブルを撤去、椅子の配置を変更するなど柔軟な対応で、使いやすく見やす…

Day & Night

2000年にオープンした地下鉄東西線・西11丁目駅すぐのカフェバー「デイアンドナイト」。 音楽好きのオーナーの趣味を反映し、オールドイングランドをイメージした内装のレンガ壁やカウンターが印象的だ。 豊富な銘柄を揃えた美味しいお酒がライブの雰囲気を盛り上げる。 ライブは月に数回の割合で催されジャズ、ソウル、ロックとジャンルも様々。 スクールの発表会、カラオケ宴会、二次会など多目的スペースとしての利用…